TKPの新型コロナウイルス対策について

HOME

ティーケーピーにおける
新型コロナウイルス対策のガイドライン

ご来場のお客様へお願い

  • ・マスクのご着用および咳エチケットにご協力をお願いいたします。
  • ・会場等に設置の手指消毒液にて、手指消毒のご協力をお願いいたします。
  • ・咳、発熱などの体調不良の症状がある方は、ご無理をなさらずご来場をお控えいただきますようお願いいたします。

国内外420拠点、11,500室を超えるレンタルオフィス・貸会議室などを展開する株式会社ティーケーピー(東京都新宿区市谷八幡町8番地/代表取締役社長 河野貴輝)は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の解除後、Withコロナ時代における「安全・安心」を最重要・最優先とした新型コロナウイルス対策のガイドラインを策定しました。

当社がおこなっている事業のうち、「フレキシブルオフィス事業」、「ホテル・宿泊研修事業」において、「3密回避の対策」および「最高基準の新型コロナウイルス対策」についての以下の内容を原則に事業を推進します。(利用施設により、対応が異なる場合があります。)

1.全社としての取り組み

  • ・従業員の体調を毎日管理します。
  • ・定期的に施設内を、次亜塩素酸ナトリウム液などを使用して消毒します。
  • ・接客をおこなう従業員はマスクを着用します。
[写真:消毒液]

2.フレキシブルオフィス事業における取り組み

専門家検討会の見解として公表されている「クラスター(集団)感染発生リスクの高い状況を回避」するために必要とされる、「換気を励行する」、「人の密度を下げる」、「近距離での会話、発声、高唱を避ける」を基に、以下の取り組みを実施します。

1)空気清浄機などの設置について

  • ・レンタルオフィス・貸会議室に空気清浄機を原則設置します。
  • ・オプションで次亜塩素酸空間除菌脱臭機「ジアイーノ」のレンタルも実施します。
    (※在庫僅少のためご用意できない場合があります。)
  • ・季節に応じて、室内の湿度を高く保つ様コントロールします。
[写真:会議室]

2)ソーシャルディスタンスを意識したレイアウトについて

  • ・会場面積に対しての推奨定員を設定します。
  • ・周囲の人との距離を十分に取ったレイアウトを作成し、お客様に提案します。
  • ・登壇者との距離を対面で2m以上確保し、飛沫感染防止に取り組みます。

3)密閉空間を作らない換気環境の整備と徹底について

  • ・機械換気(空気調和設備、機械換気設備)による方法
    ビル管理法に基づく空気環境の調整に関する基準が満たされていることを確認し、換気設備の清掃、整備等の維持管理を適切におこないます。

    また、一部屋あたりの在室人数をコントロールし、一人あたりの換気量の十分な確保に努めます。
  • ・窓を開放する方法
    換気回数(部屋の空気がすべて外気と入れ替わる回数)を毎時2回以上(30分に1回以上)おこなうことを推奨します。

4)設備・予約管理などの取り組み

  • ・会議室内の消毒・除菌・換気を定期的に実施します。
  • ・共有部の消毒・清掃を定期的に実施します。
  • ・マイクは利用毎に消毒対応します。その旨を消毒済みのカバーを被せ明示します。
  • ・一定のフロアに予約が集中しないよう、可能な限りルームコントロールを行い、密集を回避します。
    (※予約状況によっては、対応出来ない場合があります。)
[写真:会場写真] [写真:会場写真]

5)懇親会等の飲食の提供について

従来の立食でのブッフェスタイルは原則おこないません。
スタッフとの近距離の接触を避けるようにするため、以下のような対応を提案します。

  • ・従業員が取り分ける新しい形での着席パーティースタイルの提案
  • ・着席時における一定距離の確保、共有取箸などの廃止
  • ・個食盛り料理を中心としたメニューの提案
  • ・ランチボックス、ディナーボックスなどの弁当形式の提案
  • ・ひとりで飲み切れるサイズのドリンクをテーブル単位で卓上に設置するプランなどの提案
[写真:弁当写真] [写真:弁当写真]

6)その他の対応について

  • ・ご希望のお客様には非接触型体温計の貸し出し(無料)、また、フェイスシールド・飛沫防止シート・アクリルパーテーション等の貸し出し(有料)をおこないます。
    (※貸し出し数には限りがあります。また、一部施設では取り扱いがない場合があります。)
[写真:非接触型体温計]
[写真:フェイスシールド]アクリルパーテーション使用例
[写真:フェイスシールド]フェイスシールド使用例
[写真:アクリルパーテーション]アクリルパーテーション使用例
[写真:飛沫防止シート]飛沫防止シート使用例

3.ホテル・宿泊研修事業における取り組み

1)チェックイン、チェックアウト時における対応について

施設により以下の対応をおこないます。※宿泊施設によって対応が異なります。

  • ・石のやにおいては、人との接触を避けるため、直接客室までご案内しチェックインをおこないます。
  • ・フロントに飛沫防止シートを設置します。
  • ・チェックイン、チェックアウト時において、十分な距離を空けてお並びいただくことをお願いします。
  • ・自動チェックイン機、自動精算機などにより、混雑緩和を図るとともに、スタッフとの近距離の接触を回避します。

2)食事の際の対応について

施設により以下の対応をおこないます。※宿泊施設によって対応が異なります。

  • ・レストランの混雑状況を把握し、入店時間を分散するよう調整します。
  • ・ブッフェ形式は原則おこないません。
    接触回数を減らすため、プレートやお膳料理などの形式を中心としたメニュー構成に変更します。
  • ・レストランのテーブル席は、十分な距離を確保する、もしくは、パーティションや衝立などを活用した半個室相当の席をご用意するなどの対応をおこないます。石のやのレストランはすべて半個室です。
  • ・テーブルや椅子、扉の手すり、ドアノブなどの消毒を定期的におこないます。
  • ・各店舗のメニューブックは利用ごとに交換または消毒します。
  • ・卓上調味料は個別に用意するか、または個包装されたものを用意します。
  • ・精算時にはキャッシュトレイを使用します。
[写真:料理写真] [写真:会場写真]

3)大浴場に関する対応について

  • ・石のやは全客室に源泉を引いており、内風呂にて入浴が可能なため、
    大浴場の営業を当面の間休止しています。
  • ・その他の施設においては、大浴場の混雑する時間を案内し、入浴時間が分散するようにします。
[写真:温泉写真]

4)その他の対応について

  • ・全客室、研修室および共用部には窓があり、十分な換気が可能です。
    特に、共用部においては適時換気をおこないます。
  • ・通常の客室清掃に加え、館内をEPA洗剤、除菌剤などによる拭き上げを実施します。
    特に、全客室の清掃は、手が触れる部分(ドアノブ、引き出しや冷蔵庫の取っ手類、リモコン、スイッチ類など)をEPA洗剤、除菌剤などで除菌清掃します。
  • ・研修室のマイクは利用毎に消毒対応します。その旨を消毒済みのカバーを被せ明示します。
  • ・館内各所に除菌用アルコールを設置します。
  • ・食器類(お皿、グラス)やカトラリーは高温洗浄(80度以上)し、食事用トレイは除菌洗浄します。

レイアウトイメージ
(席間を広く取った密集回避のためのレイアウトをご提案)

密集回避レイアウト
238㎡(72坪)の場合

[写真:会場レイアウト] [写真:会場レイアウト] [写真:会場レイアウト]
Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

新型コロナウイルス対策の会議室仕様

[写真:レイアウト例]レイアウト例
[写真:レイアウト例]レイアウト例

テレビ会議を用いた会社説明会の例

東京他5都市に分散し、テレビ会議で接続し開催。
会場への参加者:52名(東京35名、札幌6名、名古屋12名、関西25名、広島2名、博多7名)
モバイル参加者:257名
参加者合計:309名

[写真:東京 本会場]東京 本会場
[写真:サテライト会場]サテライト会場
[写真:テレビ会議システム]テレビ会議システム
[写真:モバイル視聴]モバイル視聴

ソーシャルディスタンスの取り組み

ティーケーピー

■ソーシャルディスタンスの啓蒙と推進を目的としたロゴを作成

TKP では新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ソーシャルディスタンス(社会的距離)確保の 啓蒙と推進を目的としたロゴを作成いたしました。TKP では、新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐ ため、また、お客さまやお取引企業さま、従業員を含むすべての方々の健康を守るために、ソーシャル ディスタンスの確保のための啓蒙活動をおこなってまいります。

  • ・密集空間においては1~2m以上の距離を保つ
  • ・ソーシャルディスタンスポスターを事務所内等に掲示
  • ・こまめに手洗い・うがい・消毒を行う
  • ・定期的に部屋の換気を行う
  • ・マスクを着用
大分トリニータバナー